家具なんでも情報館 ~オーダー家具と一般の家具の違いについて~

オーダー家具と一般家具の比較表

  オーダー家具 既製品の家具
サイズ 自分の使いやすいぴったりのサイズで創ることができる。 既成品から自分の希望するサイズに近いものを選ぶ。
素材 環境(気温、湿気、体質)によって材質などを選ぶことができる。 既成品から自分の希望する素材に近いものを選ぶ。
好きな色、塗料で創ることができる。 既成品から自分の希望する色に近いものを選ぶ。
耐久性 耐久性に富んだ材質を選んだり、部分的に補強をすることができる。 既成品から自分の希望するサイズに近いものを選ぶ。
利便性 収納スペースや、設置スペースに合わせて設計できるので、使いやすいように創ることができる。 既成品から自分の希望するサイズや、形に近いものを選ぶ。
価格 素材や手間などによって、価格は変わる。 量販店であれば格安なものから、一流ブランドになると高額なものまで、価格の範囲は広い。
納期 オーダー内容に合わせて職人が創るので数週間〜数ヶ月かかる場合もある。 展示しているものであれば、即納品してもらうことも可能。

たった一つのオーダー家具

世界にたった一つしかないオーダー家具をつくりませんか?

オーダー家具の良いところは何と言っても、サイズや材質、カラーが自由に選べることです。

既製品とは違いユーザーが設置する場所にぴったりのサイズやデザイン、使いやすい高さ・幅を決めることができます。

また、既製品のように価格を低くするため、構造や材質などを低級にすることがなく、長く使えるように、生活環境に合わせた材質を選べるので、家具の耐久性を高め、より安心できる家具を創ることが出来ます。

また、オーダー家具は、大量生産するのではなく、職人が手作業で世界にたった一つの家具を創りあげていくという、オリジナリティがあります。

イメージ通りのサイズや色合いの家具であれば、使い勝手も良く、さらに満足感もアップします。

既成品の家具よりは多少高額になるかもしれませんが、後々買い換えることになったり、長期に渡る使い勝手の良さや、満足感にかえると、決して高くはないと思います。

もちろん、 施工前に綿密な打ち合わせをして、合理的な費用になるように確認したり、予算面での相談もできます。

お店によっては、打ち合わせの際に、実際に設置する場所を見て、その場で相談したり、アドバイスしてもらえたり、採寸してもらうこともできます。

最近では、地震対策として、目立たないように壁面に固定出来るように製作することも多いようです。インテリアや、リフォームに感心が高まっているので、オーダー家具の対応もいろいろと豊富にお問い合わせ出来るようになっています。

file_upload