オーダーカーテン 納品事例/F様邸

日中は暖かくても朝晩は冷え込む、晩秋ならではの気温です。

本日は、京田辺市のF様邸へカーテンの納品に行って来ました。

事前にカーテン専門スタッフがご自宅へお伺いして、

家具や日当たりとも考慮しながらアドバイスをさせていただきました。

お客様は、実際カタログをご覧いただいたり、

ショールームにも足を運んでいただき、イメージを作っていかれます。

そして、本日ご自宅の窓のサイズ通りのオーダーカーテンを

取り付けさせていただきました。

 

窓枠に対して、どのくらいカーテンを垂らすか、

レールとフックの長さも考慮して、

どの高さにレールを取り付けるか、最終確認をしています。

そして、位置が決まれば職人さんらしい無駄のない作業で

本当にあっという間に完成しました。

ロールカーテンにはお子様が引っ張って遊ばないように、

留めておくクリップも付いています。お母さんには嬉しい気遣いですね。

寝室には淡いスモーキーピンクとレースのシェードを。

小窓には窓にピッタリサイズの同じ色目のシェードを。

お部屋の内側にレースシェードをつけています。

もともとは濃い差し色の大柄なカーテンをつけていらっしゃって、

それもとても素敵だったのですが、

今回はイメージをガラッと変えられました。

3方向に窓がある、明るいお部屋と白い壁に似合う淡いピンクは、

可愛すぎない少しスモーキーなピンクです。

深いブラウンのベッドフレームとも合ってますね。

 

「以前は白地に差し色だったので、朝が眩しすぎたんです。」

とおっしゃっていた奥様、光の透け具合も気に入ってくださいました。

 

そして、お隣のお部屋には、

ランプシェードと合わせたグリーン調のシェードを。

こちらは1枚仕立てなので出窓の外側に取り付けています。

お部屋ごとにテーマカラーが有ってステキです。

 

カーテンは、使わない時ただ手繰り寄せるだけではなく、

お写真のように4タックほどつまんで出してあげると見栄えがして

インテリアのようになります。ちょっとしたことで全然違いますね!

職人さん曰く「普段せずにお客様の時だけ慌ててきれいに手繰っても

プロが見たらすぐ分かる」ということでした(笑)

扱い方やメンテナンスの説明をして、納品完了です。

奥様が「やっぱり見に来てもらって良かった。

もともと違う柄を選ぶつもりだったんですが、

担当の方にお部屋に合わないよ、と言われて変更したんです。

こっちにして正解でした!」と嬉しいお言葉をいただき、

「実家の母もカーテンを変えたいな、と言っているんです。

その時も相談に乗ってください」とおっしゃってくださいました。

 

私たちがお下見から取り付けまでさせていただいたお客様が、

喜んでくださって、さらにご自身の大切な方にご紹介いただけるなんて、

朝からとっても幸せな気持ちになりました♪

ご自宅をブログに載せることを快く承諾してくださって

ありがとうございました。

カテゴリー: 納品事例   パーマリンク